小ロットがいい場面

小ロットがいい場面 オリジナルのデザインでグッズ制作をする場合に、ある程度まとまった数を発注数ことでコストダウンを図ることができるというイメージから大量発注をすることも多いのですが、小ロットでグッズ制作をした方がいいという場面は多いものです。学園祭や町内会、会社や小さな店舗でのイベントなどの場面では、無理をして多くの発注をかけると余ってしまいかえって高くついてしまうことがあるので、小ロットで必要数の発注をおすすめします。
またノベルティグッズの製作をする場合にも、同じものを大量に配布すると人と同じものを持つのが嫌という人が一定の数存在するので、色やデザイン、グッズを変えて少ない数で種類を多くすることが効果的な場合があります。特におしゃれなグッズや日常使いすることができる日用品など、使用してもらいたいノベルティグッズの場合には、好みに合わせて選ぶことができたり、限定数があったりする方がお客様が喜ぶことが多い傾向があります。

小ロットでグッズ制作するのがオススメ

小ロットでグッズ制作するのがオススメ 大規模なイベントや催し物で、オリジナルのグッズを作るケースは多々あります。
会社などでもノベルティに名入れしたり、販促としてブランド名を入れたりする場合は、リーズナブルに大量に製作するかもしれません。でも、大量に安くが可能なのは当然ですが、そんなにたくさんは必要ないというケースも多いでしょう。何百・何千というような数が必要な製作物ではなく、個人的に少数だけ欲しいようなグッズもあります。例えば地域でのお祭りやミニイベント、仲間内だけのお揃いモノ、クラブやチーム・クラスなど少人数でグッズが欲しいという時です。小規模小ロットでのグッズ制作をしてくれるメーカーや工房などは、とても重宝です。チームユニフォームやTシャツ・帽子キャップ・法被などの着用するモノだけでなく、缶バッチやトートバック、ペンやクリアファイルといった文房具類などのグッズ制作も、小ロットでできると便利です。単価が高くなったとして、なにより無駄にならないのは小規模グッズ制作のメリットです。

新着情報

◎2023/9/20

情報を更新しました。
>グッズ制作販売は小ロットから始めるのが鉄則
>小ロットで実現するグッズ制作は予算を抑えて個性を表現
>オリジナルグッズ制作では小ロット対応の会社は数量限定に最適です
>小ロットによるグッズ制作で希少価値を生み出す
>小ロットのグッズ制作で品質をチェックする

◎2022/11/11

情報を更新しました。
>グッズ制作を小ロットからでも受け付けている業者
>グッズ制作の依頼を検討するなら小ロット対応の業者をネット検索で探す
>販売用グッズ制作で小ロットでの発注では利益率を算出する必要性があります
>グッズ制作で成功する為の秘策は小ロットの試作
>グッズ制作は小ロットから販促活動に使えるものを作れます

◎2020/11/16

専門会社へアウトソーシング
の情報を更新しました。

◎2020/9/1

小ロット対応の会社で試作品を作る
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

アイテムを作るときのポイント
の情報を更新しました。

◎2020/5/12

小ロットでグッズ制作するメリット
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

小ロットがいい場面
の情報を更新しました。

◎2019/12/27

サイト公開しました

「グッズ 制作」
に関連するツイート
Twitter

【返礼品進捗①】 《バッジ特典》 ・★1→完了 ・★2→完了 ・★3→連絡済み※ ・★4→連絡済み※ ※6/15までに発注→6月中発送予定 《プチガチャ:オーダーメイドデジタルグッズ》 ・未作成 ※今週中制作開始予定 ツリーに続きます

10年前に制作したLIVEグッズのマスキングテープ 何十個もストックしていた量産品サンプルが 10年経ってとうとう底をついた...

グッズ制作お願いしてみたい会社さんが4つくらいある

パートナーになりました! LIIiEN(リアン) "0th"グッズ制作プロジェクト - うぶごえ|掲載手数料0円 国内最高品質のクラウドファンディング より